The Passing

岡本源太(美学)。書物を通過する軌跡。http://passing.nobody.jp/

ブルーノ(ガッティ)

  • Hilary Gatti, "The Natural Philosophy of Giordano Bruno" (2002)

ヒラリー・ガッティの主著『ジョルダーノ・ブルーノとルネサンス科学』(1999)はタイトルからしてフランセス・イエイツへの対決姿勢を打ち出しているが、この論文でもなかなかのイエイツ批判(むしろ皮肉)を展開。
ともあれ、前半部分で一九〜二〇世紀のブルーノ哲学受容(おもにイギリス)をざっと概観していて、ブルーノとロックを重ねあわせる言説すらあったことを知る。ということは、ブルーノはデカルト、ロック、スピノザライプニッツという有名どころすべてと重ねあわされていたことになる。マルブランシュとのはまだ見たことがないが。